腸の健康

腸内の環境は常在菌のバランスで保たれています。

腸内の環境は、消化吸収の粘膜組織・免疫細胞・神経細胞に加えて腸独特の常在菌の集まりである細菌フローラから成り立っています。このフローラは病気の原因にならない善玉菌と病気をおこすこともある悪玉菌のバランスから成り立っています。 栄養の偏り・酒の飲み過ぎ・抗生物質・抗がん剤・放射線治療・ウイルス感染・下剤の長期使用などによって善玉菌が減り悪玉菌が増えると、腸内環境のバランスが崩れます。この結果として便の水分が減り慢性の便秘になります。 腸内環境の乱れが続くと潰瘍性大腸炎などの大腸の病気や気管支炎などの呼吸器の病気にかかりやすくなったり、ビタミン不足によって血が止まりにくくなったり、貧血・神経障害や自己免疫病などにもつながる可能性があります。

発酵食品は腸内の環境を整えます。

ヨーグルトやキムチなどの発酵食品に含まれる乳酸菌は腸内環境の酸性度を保ち悪玉菌の増殖を防ぎます。乳酸菌の中には皮膚の病気の症状を軽くしたり、ウイルス感染に対する免疫力を高めたりする菌株もあります。 納豆に含まれる納豆菌は、腸の動きを活発にし乳酸菌や他の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑えます。この結果として便通が良くなり、細菌やウイルスの働きを抑えたり免疫の機能を高め腸の病気の回復を助ける事があると報告されています。 腸内環境を整えるためには、乳酸菌や納豆菌の栄養となったり増殖を促すオリゴ糖や食物繊維を一緒に摂ることも大事です。これらの成分は、タマネギ・ニンニク・アスパラガスやバナナなどの野菜・果物や豆・ナッツや玄米などの全粒穀物に含まれています。